ゲーム画面

~真の契約~「紅に染まる」イベントCG

  • ゲーム画面1
  • ゲーム画面2
  • ゲーム画面3
  • ゲーム画面4
  • ゲーム画面5
  • ゲーム画面6
  • ゲーム画面7
真の契約

神代美月「……あ」

息苦しさから顔を逸らそうとするものの、亜季の長い指によってそれを阻まれた。

触れた唇から亜季の想いが流れ込んでくるようだった。

その想いに応えるかのように、いつの間にか私も亜季を求め、亜季の背中へ腕をまわしていた。

祇条亜季「俺はこれから先もずっとお前と共に在り、一番近くで守り続けることを望む」

祇条亜季「お前はそれを、許してくれるか?」